医療脱毛は意外と安い!そして早い!

秋〜冬、この時期は脱毛を始めるのに最適なシーズンですよ!

 

詳しくはページを下にスクロールして読んでね。

 

もうムダ毛の処理がイヤ〜!剛毛から解放されたーい!きれいなお肌になりたーい!というあなた。 いらっしゃい。

ムダ毛処理中

ムダ毛の自己処理ってほんとめんどうですよね。

  • 肌荒れする
  • 毛が埋没してる
  • ボツボツしてる
  • 黒ずんでる
  • 自己処理してもすぐ生えてくる

ぶっちゃけ…自己処理してもお肌…汚い!

 

剛毛だとなおさらでしょ?夏って憂鬱になるでしょ?

 

私もそうでしたよ。 剛毛で、自己処理しても汚いから結局隠すような服ばっかり。 でもねぇ、隠しきれないのよ。 なんだかんだ目立っちゃうんですよ。

 

もう脱毛しかない!それも全身脱毛だ!

ポイントする女性

 

脱毛って何回か通う必要があるのは知っていますよね?それがどのくらいかかるか分かる?しかも、パーツごとに分けて1回の施術では全身脱毛が完了しないサロンもあるの知ってる?

 

あなたはどっちを選ぶ?
  1. 1回の施術が早い(1回で全身脱毛)、だけど施術完了まで時間がかかる(10回以上通う必要がある)
  2. 施術完了までが早く済む(10回以下で済む)

「1.」 なら銀座カラー、シースリーといった美容脱毛サロンがおすすめです。 45分〜60分で全身脱毛施術してくれます。

  • 銀座カラーの店舗一覧と予約はこちら
  • シースリーの店舗一覧と予約はこちら

「2.」ならやっぱり医療脱毛ですね!

 

医療脱毛の何がいいって、「早い」、「効果あり」、「永久脱毛」ですよ。

 

そして、医療脱毛は意外と安いんです。

 

「永久脱毛」ですよ。

 

もう2度とムダ毛と格闘することないんですよ。 幸せ…。

 

先ほど書きましたが、脱毛サロンで行う美容脱毛だと、通う期間が長いんですよ。

驚く女性

 

普通の毛量・毛質の場合でも全身脱毛は3年かかるといわれています。

 

最新の脱毛マシーンを使っている脱毛サロンであれば、もっと短い期間で(脱毛ラボでは半年と言われています)できますが、その期間で完ぺきに全身脱毛できるのかというと…どうかなという感じです。

 

そして、美容脱毛というのは永久脱毛じゃないんですよ。

 

脱毛エステサロンでは「永久脱毛」と謳うことができません。 使えるのは医療機関のみ。

 

エステサロンの脱毛というのは光脱毛が主で、痛みが少なく、料金も安いというメリットはありますが、数年経つとまた毛が生えてきます。

納得する女性

 

「永久脱毛」というのは、米国電気脱毛協会によると「脱毛終了後、1か月たった時点での毛の再生率が20%以下である」ということなのだそうです。

 

医療機関で行うレーザー脱毛は料金はまぁ、それなりにかかります。 それに「痛い」です。 しかし、短期間で終わり、脱毛効果も非常に高いです。 そのため、剛毛で悩んでいる女子であれば、医療レーザー脱毛がおすすめですね。

 

*エステサロンの脱毛も効果がないわけではありません。 回数はかかっても料金が安い方がいい、痛みが少ない方がいいというのであれば、エステサロンでもいいと思いますよ。

 

美容脱毛でも最短半年で脱毛完了する!

La coco(ラココ

 

「ラココ」という脱毛サロン知ってます?

 

この脱毛サロンなら…

  • 全身脱毛連続5回で69,000円(顔、VIO含む)
  • 最短半年で脱毛を完了
  • 連射式の(※)ハイスピード脱毛により、脱毛時間は最短20分

モデルさんや有名人の方もこの脱毛サロンに通っているようですよ。

 

「ラココ」の詳細を見て予約する

 

秋〜冬は脱毛を始めるには最適な時期です。

 

なぜなら医療脱毛というのは日焼けがNGなんですね。

 

医療脱毛を夏から始めた友達が、「ほんと参った!日焼けしちゃいけないから夏でも長そで必須よ!あっついのに!紫外線に浴びないようにめちゃくちゃ気をつかったわ。 夏には始めない方がいいよ。」と言っていました。

 

だから、私は秋から始めました。 (笑)

 

足を触る女性

夏は駆け込みで予約する女性が増えて、予約が取りづらくなります。

 

自分の希望した日に予約が取れないと足が遠のいてしまったりします。

 

が、秋〜冬というのは自分が希望した日時の予約が取りやすくなります。

 

この季節に脱毛を始めれば、次の夏、あなたはムダ毛のないキレイなお肌になっています。

 

ノースリーブを着ていても電車のつり革を掴むのなんか平気。

 

剃り残しの毛がサワサワ〜と風にそよぐのを感じなくてもいい。

 

自己処理でブツブツになったお肌を気にしなくていい。

 

どこから見られても「キレイでしょ!」って言えるお肌になっているでしょう!

 

お肌のきれいな女性

剛毛人生とはもうサヨナラしたい!そう思うのであれば、医療脱毛クリニックのカウンセリングを受けてみてください。

 

決めるのはそれからでも大丈夫。 美容脱毛も気になるサロンがあるなら、無料カウンセリングを受けてみてもいいと思います。

 

その上で、医療脱毛か美容脱毛かを決めるのもありです。

おすすめ医療脱毛クリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニック

  • 全身脱毛が初月と2か月目無料!
  • 専用アプリで24時間いつでも予約
  • 脱毛し放題コースあり
  • 表示価格のみ
  • ムリな勧誘なし

アリシアクリニック料金

 

アリシアクリニックの詳細と店舗情報

 

アリシアクリニック公式サイト

 

 

リゼクリニック

リゼクリニック

  • 医師が行う無料カウンセリング
  • 3種類の医療レーザー脱毛器を完備
  • 肌トラブルは完全無料保証
  • コース途中の解約ができる
  • 予約キャンセル料・剃毛料など一切ありません
  • 安心できる料金システム

リゼクリニック料金

 

リゼクリニック公式サイト

 

 

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科

  • 両ワキ脱毛、無制限・無期限が3,400円ととってもリーズナブル!
  • 症例実績が多い(100万症例突破)
  • 店舗数が多い
  • 返金保証システムあり
  • ムリな勧誘なし
  • 豊富な脱毛プラン
  • 選べる料金システム

湘南美容外科料金

 

湘南美容外科クリニック詳細と店舗情報

 

湘南美容外科公式クリニック

 

 

レジーナクリニック

レジーナクリニック

  • 最短8か月で全身脱毛完了
  • カウンセリング、剃毛、再診、治療薬などの追加費用なし
  • 平日は21時まで営業!年中無休!
  • 独自の予約システムで予約が取りやすい

 

レジーナクリニック

レジーナクリニック一覧

 

レジーナクリニック公式サイト

 

 

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニック

  • ダレノガレ明美さんなど有名人・芸能人が通っている
  • 口コミ・紹介で人気
  • 経験豊富なスタッフによる丁寧なカウンセリング
  • 最新の医療用レーザー脱毛機器
  • プライバシーを守る完全個室
  • アフターケアと施術後のサポートも万全

表参道スキンクリニック料金

表参道スキンクリニックはまだ表参道に1件ですが、今後福岡・沖縄・大阪・名古屋に提携院がオープン予定です。

 

住所 〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4階

診察時間 ・月・火・木・金・土曜 朝11時〜夜8時まで

・日曜・祝日 朝10時30分〜夕方6時まで

休診日 水曜日
アクセス
  • 【JR山手線】原宿駅・表参道口/徒歩約5分
  • 【東京メトロ各線】表参道駅・A1出口/徒歩約3分
  • 【東京メトロ各線】明治神宮前駅・4番出口/徒歩約3分

表参道スキンクリニック地図

 

表参道スキンクリニック公式サイト

医療脱毛と美容脱毛の違い

  医療脱毛 美容脱毛
回数・期間 3〜6回(1〜3か月に1回) 10回以上
痛み 痛い(赤くなったり、腫れたりする場合もある) 痛みが少ない
料金 高め(キャンペーンを利用すれば安くなる事も) 安い(キャンペーンを利用するとさらに安い)
効果 非常に高い 効果にムラがある場合がある
その他
  • 医師の診断を受けられる
  • トラブルのアフターケア
  • 産毛や細い毛も脱毛できる
  • 黒ずみの解消、美肌効果
  • シミ・アザ・ホクロは火傷の危険性がある
  • 店舗が多いので自分の通える範囲で見つけやすい
  • 美肌効果がある
  • 脱毛直後にお化粧して帰る事ができる

水着の女性

脱毛の効果、早く済ませたいと思うのであれば、やはり医療脱毛だと、私は思います。

 

やっぱり痛いのは…というのであれば、美容脱毛にしておいてください。 おすすめの美容脱毛サロンはこちら

 

美容脱毛も効果がないわけではないです。 ただ、通う回数が多く、数年後にはまた生えてくること。

脱毛を始めるのに最適な季節とは

ここでは脱毛を始めるのに最適な季節はいつか、ということについてお話していきたいと思います。

 

(ここでいう脱毛とはエステサロンの光脱毛や、クリニックで行う医療レーザー脱毛で行う全身脱毛のことです。)

ポイントする女性

 

全身脱毛をしようと思った場合、女性が脱毛を始めようと思う主な理由は、夏にノースリーブの服を着てオシャレをしたり水着を着たりしたい時に、恥ずかしい思いをしなくて済むようにという理由が多いのではないかと思います。

 

エステやクリニックでは、自然の毛周期(成長期→退行期→休止期のヘアサイクルのこと)に従って脱毛プランを組みますので、2ヶ月〜3ヶ月に1度通うというプランになることが多く、目に見えて毛がなくなりツルスベの肌になるのには、医療脱毛でも最低5回は来院が必要だと言われています。

 

毛周期

 

ですからオシャレや海水浴をしたいと思っていても、その年が明けてからや春や夏に通い始める形にしてしまうと、その年の夏には全く間に合わないことになってしまいます。

 

仮に医療脱毛で行う場合でも、脱毛が完了するまでには早く終わる人でも1年は見る必要がありますので、夏に間に合わせるためには、前年の秋口から始めるのが最適だと思われます。

 

紫外線を浴びる女性

夏から脱毛を始めるのがあまり良くない理由としては、真夏の強い日差しを脱毛を終えたばかりの肌に浴びるのは良くないからです。

 

近年は秋の残暑の暑さも厳しいため、タイミングを見定めるのは難しいのですが、日差しが弱くなる秋から脱毛を始めた方が良いのは確実です。

 

またサロンやクリニックが混み合うのは5〜7月頃ですので、実際に9月以降の方が予約を取りやすいということも言えます。

 

月としては8〜10月の間に始めると良いのですが、残暑を避けるためには、秋分の日を過ぎた9月下旬以降が良いかもしれません。

 

そのようにすれば丁度年末のクリスマスの時期に効果が表れ始め、ムダ毛も減り始めていると思いますので、クリスマスパーティでおめかしをすることも出来ると思います。

 

特にクリニックでは医療行為としての脱毛を行いますので、基本的に必ず料金が安くなる時期というものはありません。ですから、なるべく利用者の減ってくる時期に予約をとることで、メリットを得ることだけを考えると良いと思います。

水着の女性

もし秋口になっても予約が取りづらい場合は、11月になってからとっても大丈夫です。

 

この時期ですとエステならば格安のキャンペーンを行っている場合があり、しかも利用者が少ないわけですから、十分毛周期に合わせた脱毛が可能になります。

 

とは言っても、退行期と成長期の間の休止期の脱毛には効果がありませんので、成長期や退行期に合わせて脱毛をしてもらう必要があります。

 

ですので、そのタイミングに合わせて脱毛をするためには早ければ1〜2ヶ月に1度、つまり年に6回、期間としては最低でも1年は見た方がいいということになるのです。

医療脱毛の効果〜美容脱毛との違いを比較〜

ここでは美容脱毛との違いの比較を通して、医療脱毛の効果とはどのようなものかについてお話します。

 

エステサロンでの美容脱毛(IPL脱毛・プラズマ脱毛等)と医療脱毛との大きな違いは、端的に言いますと、脱毛に使用する機械の出力の差であると言えます。

 

医療と美容の違い

 

医療脱毛を行うクリニックは医療機関ですから当然医師が常勤していますし、施術中に何かトラブルが発生しても、すぐに適切な処置をしてもらうことが出来ます。

 

出力の強力なレーザーの脱毛機の使用を、クリニックが許可されている理由の1つはそこにあります。

 

施術時間も通う期間もエステに行くよりは短くて済み、また早期に脱毛効果を実感することも出来ます。

 

一方エステでの美容脱毛は医療行為ではなく、また常勤するスタッフには医師の資格がありませんので、出力の低い脱毛機の使用しか許可されていません。

 

従って、施術時間も通う期間も医療脱毛よりは長くかかってしまいますが、痛みや肌への負担度は低いと言われています。

 

脚のきれいな女性

当座間に合うように結果が得られればいい。

 

あるいは自己処理が今より楽になればいい位の考えであれば、美容脱毛でも構わないと思いますが、長期的に見ても減毛率を高めたい、出来れば永久脱毛という形にしたいと思うのであれば、医療脱毛の方がより早く高い脱毛効果が得られると思います。

 

ちなみに永久脱毛とは今後一切毛が生えてこないということではなく、脱毛完了後1ヶ月後の時点で、毛の再生率が20%以下であることと規定されているそうです。

 

ですので全ての脱毛が完了しても、また毛が生えてくる可能性がゼロではないということです。

 

しかしまた生えてくるとしても、以前のように煩わしい自己処理をしなければならなくなる可能性は、極めて低いとのことです。

 

医療脱毛と言えば、それは殆どが医療レーザー脱毛ということになりますが、この医療レーザー脱毛とは、特定の色にだけ反応するというレーザーの特性を利用した脱毛法であり、レーザーを毛の生えている皮ふに照射する形で脱毛を行います。

 

そうしますと黒い体毛のメラニン色素に吸収された後に熱に変換され、毛根と毛根周囲の毛包が破壊されて、その毛包の中に存在する毛を再生させる幹細胞をも破壊することによって毛の再生を困難にし、永続的な減毛効果が得られる仕組みとなっています。

 

デリケートゾーン

ただし、全身脱毛を行う場合は、同じ回数を全ての部位にレーザー照射しても部位により毛の質や量が違いますので、一般的には毛の色が太く濃い脇やVIOゾーンの脱毛では効果が早く出やすく、毛根に十分な熱量が与えられますので、その分しっかりダメージを与えることが可能で、毛の量の減り具合も実感しやすいとされています。

 

しかし、背中・二の腕・胸・お腹の部位等、毛質が細く色素も薄い毛が生えている部位に関しては、毛根部に関して十分な熱量が与えにくいため、脱毛効果が出るまでには少し期間がかかります。ですから全身脱毛をしてもらう場合には、そのことも考慮して、最低でも5回以上の期間の決まっていないコースを選ぶと良いでしょう。

医療脱毛のメリットとデメリット

ここでは医療脱毛のメリットとデメリットについて、お話していきたいと思います。

 

医療脱毛のメリット

強力な脱毛効果

医療と美容の違い

医療レーザー脱毛は脱毛サロンの光脱毛と比較しますと、レーザー自体の出力が約3倍も強く1度に広範囲を脱毛出来るため、強力な脱毛効果が得られるという点です。

 

そのため脱毛サロンに通うのと比較しますと、かなりの短期間で素早く永久脱毛に結び付けることが出来るのです。

 

従って1回毎の施術時間も短くて済むこともメリットとなります。

 

個人差はありますが、1回毎の施術時間が短いということは、実際に脱毛が完了するまでの回数や期間も短くて済むということです。

 

医療従事者が施術する

女医さん

免許のある医療従事者が施術をするため、皮ふの状態をしっかりと的確に判断出来るということです。

 

また医療機関であるため、万が一の肌トラブルに際しても素早く処置をしてくれます。

 

美肌効果

お肌がきれいな女性

ホクロ・シミ・黒ずみの解消等の、美肌効果が期待出来るという点です。

 

これはシミやホクロ等の性質にもよりますが、レーザーが髪の毛のメラニン色素の黒色に反応する延長上で、シミやホクロ等にも反応するためだそうです。

 

衛生管理

やはり医療機関ですから衛生管理が行き届いており、普通の病院にも備わっている条件が全て揃っているという点です。

 

病院が雑然としていて不潔であるということは有り得ないからです。

 

料金が安くなってきている

今は医療脱毛の人気も高くなり価格競争も活発になってきていることから、リスク管理が徹底してきているだけでなく、料金の面でもエステレベルのキャンペーン料金を設定するところも出てきたので、コスパの以前よりは良くなってきているという点です。

 

医療脱毛のデメリット

白髪や薄い産毛の脱毛はできない

×を出す女性

多くの医療機関で使用されている従来の脱毛機器・アレキサンドライトレーザーには黒いメラニン色素だけに効果が集中するという機能がありますので、白髪や薄い産毛の脱毛は出来ないということです。

 

また皮ふの黒色にも反応してしまうため、色黒の人や日焼けをしている人も脱毛出来ません。

 

但し、現時点では一部の大手クリニックのみが導入している、ダイオードレーザーという脱毛機ならば色黒の人・日焼けをしている人でも脱毛は可能ですが、導入しているクリニックが少ないということです。

 

肌への負担と痛み

悩む女性

効果が強力である故に肌を負担をかけたり、脱毛初期のムダ毛の多い段階や、脇及びVIO等の毛が太く濃い部位の脱毛は痛みを伴うということです。

 

但しこれも先程お話したダイオードレーザーならば肌の負担や痛みの軽減は可能ですが、通える範囲にこの機器を導入しているクリニックがなければ、デメリットのままです。

 

しかし従来の脱毛機器を使用しているとしても、笑気ガスや麻酔クリームによる麻酔をしてくれるクリニックであれば、痛みを和らげてもらうことは出来ますが、料金が数千円余分にかかります。

 

保険適用外

飛んでいくお金

健康な人が脱毛をすることは病気の治療とは違いますので保険適用外となり、料金が高めとなってしまうことです。

 

脱毛は早めに済みますので料金を払う期間は長引きませんが、それでも一時的とは言え大金を払うことは、大きな経済的負担となります。

 

保険適用外であるのは脱毛サロンでも同じではありますが、脱毛サロンは料金が低めに抑えられている分、コスパを重視する人にとっては、どちらにするか大いに迷うところです。

脱毛後に肌が黒ずむ理由

実は、デリケートゾーンの黒ずみが脱毛から始まったという人は珍しくありませんが、それには以前から黒ずんでいたのに、アンダーヘアで隠れていたために気付かなかっただけ、というケースもあります。デリケートゾーン以外で肌が黒ずみやすい部位には、他に肘・脇・乳首・膝がありますが、これらの内のいずれかの部位が全く黒ずんでいない女性はいないとも言われます。

キレイな足の女性

 

中でもデリケートゾーンは異性との行為の際等に人目に付きやすく、あまりキレイな感じがせず不潔っぽいので嫌であるとか、実際にはそうではないのに遊んでいる印象を受けてしまう等とも言われてしまいがちです。

 

脱毛してもデリケートゾーンが黒ずんでしまう理由としては、脱毛後のアフターケアや処理の仕方が間違っていたり、キレイに洗わなかったり、生理やオリモノがあった時に、こまめに取り替えずにムレて不潔になってしまうこと等が考えられます。

 

しかし、いずれの原因の場合でもメラニン色素の沈着によって、その周辺の肌が黒ずんでしまう現象であることに変わりはありません。

 

例え脱毛サロンやクリニックで脱毛とアフターケアを適切にしてくれたとしても、その後に自分で行うべきケアを忘れずに行うことが大切なのです。

 

また脱毛を自力で行ったかやってもらったかに関わらず、脱毛によって外部からの刺激を受け場合によっては傷付いてしまった上に、アフターケアが不十分であれば肌は黒ずんでしまいます。

 

そのためには肌を刺激の少ない状態にして、肌のターンオーバーを正常にする必要があります。

 

イビサクリーム

 

そんな時、特にデリケートゾーンの黒ずみに特化して効果を発揮するのが、イビサクリームなのです。

 

このクリームはブラジリアンワックスサロンが開発した、デリケートゾーン専用の美白クリームです。

 

黒ずみケアには欠かせない美白と保湿にポイントを絞り、この2つの働きには欠かせない成分が豊富に含まれています。

 

まずメラニンの生成を抑え黒ずみを直接解消するトラネキサム酸と、肌の調子を整えてグリチルリチン酸2Kの他、保湿・抗炎症効果のあるサクラ葉抽出液・カモミラエキス・ダイズエキス、美白と抗炎症効果のあるオウゴンエキス、ヒアルロン酸Na(2)の他に8種の保湿成分が含まれており、高い黒ずみ解消効果を発揮してくれるはずです。

 

しかも、この美白成分はあの資生堂「HAKU」と同じ成分。 「HAKU」って高いですよね。 でも、このイビサクリームは約半分。 同じ成分・効果なら、コストが低い方がいいですよね。

 

イビサクリーム成分

 

ちなみに…私はただ今このイビサクリームで黒ずみケア中です。

 

デリケートゾーンだけでなく、ひじ・ひざなどにも使っています。 ひじ・ひざなんかも黒ずんでません?

 

このイビサクリーム、デリケートゾーン以外の黒ずみにも効果があるといわれています。

イビサクリーム

 

お肌のシミケアとかするじゃないですか。

 

そんな感覚でこのイビサクリームを使っているのですが、徐々に黒ずみが薄くなってきています。

 

黒ずみが薄くなってくるとお肌の透明感も増してくるんですよね。 明るくなってくるんです。

 

美肌効果!

 

ひじ・ひざって乾燥の季節に粉吹いてたりしませんか?

 

このイビサクリームは保湿効果が高いので、乾燥する時期にはとってもいいと思います。

 

デリケートゾーンがキレイと言うのは自分の自信にもつながりますよ。

 

イビサクリーム公式サイト

 

神様、このサイトを愛の道具に使っていただき、このサイトを訪問する人・関連する人たち全員が幸せになっている愛と奇跡の経験に変えてくださってありがとうございます。

 
更新履歴